*2005年05月21日

特にテーマも無く日記と雑感

とあるYahoo!の番組欄右のは昨夜のYahoo番組欄の一部。昔の深夜番組みたいで思わずうけてしまった。 この映画 色々叩かれるみたいだけど、ワタクシ的には好きなおばか映画だったり。

昨日の昼過ぎに河原の公園で本を読んでいた。天気も良いし風も心地良くていい感じ。 一人で居るのは好きだから、こういった時間は割と多い。
辺りを見ると、小学低学年くらいの子達が木切れを持ってチャンバラごっこみたいな事をしている。そういえば外であんな風に遊んでる子って ここ数年見たとこないなぁ…、と妙に和んでしまう。 しばらくすると子供達が騒ぐ声が止み、ん?と目をやると ベンチに集まって携帯ゲーム機で遊んでいる模様。 最近の子って誰かの家に集まってゲーム… というイメージがあったけど、あんなのなら良いなぁ…なんて、思いながら本を読んでいた。

以前に挙げた 戦争請負会社 なんて本を読みながら、そんな平和なひとときを過ごしてたのだけど、後ろから 「オヤスミデスカ?」 なんて声を掛けられる。 え?と振り向くと外国人の神父さん。 そういえば近くに教会があったっけな。なんだか昔のマンガにあった「チョットイイデスカ?」みたいなシチュエーションだなぁ…なんて思いつつ、神父さんと世間話を始める。 会話の途中途中で "矛盾" とか、そういった言葉がでると 「ムジュン? チョットマッテクダサイネ」 と持っていた辞書で調べ始める神父さん。 真面目な人だなぁ… と、妙に和んでしまう。 逆に "デリケート" なんて言葉をいうと、発音が違う とアクセントのレッスンが始まったりで、妙に面白い。 話題の大半は たこ焼きは美味しいだの、ビールは身体に良くないだの、他愛も無い話だったけど、なんか和んだ昼下がりのひとときだった。

ぼーっと外務省のサイトで韓国のページを見ていて思ったんだけど、なんというか、韓国も大変だなぁ。
日本、中国、ロシアと色んな意味での超大国に囲まれ、更に周りにはアメリカの影もチラホラ見える状態。 中露からは "欧米寄りの国"、欧米からは "小難しい国・使えない国" みたいな扱いをされ、しかも分裂した悪のピッコロみたいな分身にも機嫌を取りながら擁護しなきゃいけない状態。
地政学うんぬんはおいといて、不遇の状況下・立場に置かれた国でもあるんよね。 強気な国には媚びつつも、一方には虚勢を張って国としてのプライドも維持しなきゃ やっていけないわけで。
「アジアのバランサー」なんて何様な事を言ってるけど、韓国という国がこれからも発展するには、中露関係みたく、近い立場の日本と親密な関係にならなきゃ難しいんだけど、それに踏み切るにはまだ時間がかかるみたいで。
分裂したピッコロさんの家にいつ火が付くかもわからない状態だし、台湾問題も危ういし、恐らくワタクシ達が生きている間に何らかの形でアジアに火が付くんじゃないのかな、と思う。

ITmedia にあった Blogで目指すべき「つながる」ことの意味 なんて記事を見て思う。
ブログ事情だとか、ブログは時代を切り開くとか、ブログブームは終わったとか、その手の記事をみてると、「あのさーブログだから何だっていうのさ?何が変わったのさ?」 と、どーも過敏反応してしまう。 単に "ブログ" というテーマで記事を頼まれて適当に書いてるだけじゃないの?と。 ていうかその記事、ビジネスブログとやらと個人運営をごっちゃにしてるし。
「ブログを通じて自分は何を得ようとしているのか?」ですって? あたしゃサーバー代払って自己満足を楽しんでるんだ、使命感?んなもんねーよ、大きなお世話だばか。…と言いたくて言いたくて仕方がない。
私が人様のサイトをみて「そうゆう考えもあるんだな」と思うように、ここもそう思って貰えればそれでいいや。 ワタクシ的には無理に繋がろうとも思ってないし、そんな義務なんてない。
なんかズレてるような気がするけど、まぁいいや。

Wowow 5/21 22:00~0:10 「マッハ!」
そういえばそんな映画もあったなぁ …ということで観てみよう。

民間軍事会社「何でもあり」ゆえ武装勢力の "カモ"
発信元がアレだけど、良い記事と思った。


*Trackback on "特にテーマも無く日記と雑感"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2005/05/post_44.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"特にテーマも無く日記と雑感"へのトラックバックはまだありません。