*2005年10月09日

「といえば」で繋げてダラダラ書いてみる

連休の中日。なんだか暇だからムリヤリ話を繋げてダラダラと日記(?)を書いてみる。
無駄に長くなりそうだから Read More モード。

ここのサーバーなんだけど、最近エラー多発状態。 エントリーのUP時や、普通にMTのページを表示しようとしたりでエラーが出るのは何なんだろう?多分 CGI 絡みだと思うけど。 チャットやら何やら高負荷な物なんて使ってないし、あまりに酷いと引越しを考えてしまう。

サーバーといえば、ドメインが欲しいとずっと思ってた。 でも lipz.com も lipz.net も海外の怪しい業者に取られてるし、lipz.jp は可能だけど JPドメは高いし、他のはピンとこないし。
なんて事を考えていたら 新ドメイン「.cat」承認、「.xxx」は決定先送り(ITmedia) という記事があったのを思い出す。 lipz.cat! いけてる! 欲しい! サーバー代を払って貰ってるパトロン様に交渉してみよう!
そんな事を考えつつ .cat ドメ関連の記事を検索してたのだけど、カタロニア語に関連したサイトじゃないと許可されないとか何とか。 むー、だめなのか。

Cat といえば昔、INFANTRY Online というネトゲをしていた頃の話。
プレイ中のほとんどは Medic や Squad Leader といったサポート系のキャラを使っていたのだけど、所属していたグループのメンバーが居ない時は、戦闘系のキャラに "Lipz the Fragile kitten"(かよわい子猫) というネームをつけてプレイしていた。
そんなキャラを使って基地の一角を防衛してた時、私の防衛するエリアに敵チームが進入してきた、見えるだけでも敵は 5名以上はいる。 マズイな…と 「敵接近!」 の警報を出し、味方が来るまで一人で防衛しなきゃダメだから 山ほど地雷を設置しているポイントまで引き寄せ、一気に手榴弾を投げまくりロケットランチャーを撃ちまくった。 敵の来た道が細い通路だったのが幸いだったのか 1人で襲撃隊を壊滅させてしまい、画面には殺した相手の Kill 表示がずらーっと並び 妙に目立って恥かしい状態に。
それを見たチームメイトが 「Woohoo! Lipz the HELL CAT!!!(地獄の猫)」 とオープンチャットに流し始める…、失礼な奴め。 そしてなぜか殺した相手にまで誉められ妙に和んでしまう。 チャットで相手をしていると、所属している Squad (グループ)や、普段サポート系のキャラを使ってるというのがバレてしまい、結局サポート系のキャラを出さざる得ない状態になってしまった。
別になんてこと無い出来事だけど、洋ゲー独特の そんなノリが好きだった…というだけの話。

INFANTRY といえばもうひとつ。 ゲームや映画でよく叫ばれるセリフ 「What are you doing!」 を一生で一度でいいから言ってみたいと思ってた。 なんかあれカッコイイじゃないですか。
新米隊員がヘボやらかし、激を入れる若くてキレーな女士官って感じのシチュエーションですね。 あ あと、「Here we go!」 も叫んでみたい。
そんな一生に一度で良いから使ってみたいセリフが色々あるのだけど、なかなか使う機会がない。 でも、ゲーム内ならばあるかもしんないと密かに狙ってた。

前述した Infantry で、Squad Leader というチームメンバーを召還(集める)するキャラを使ってた時の話。
何気に 「Here we go!」 と叫ぶ機会があったものだから使ってみたのだけど、バカタレ外人共はみんな無視してバラバラに動きやがった。 いったい誰様が指揮を取ってると思ってんだボケ共め! コーラ飲みながら小汚いスナックをむさぼってるあんたらと違って、13の頃から兵法を勉強してた若くてキレーで有能なコマンダー Lipz様が指揮を取ってんだぞ!
…でも怒ってはダメ、連中は罵ると脊髄反射で反発するというのは痛いほど経験してる。 こうゆう時は柔らかに諭しながら信頼を得ていくのが有能な指揮官というもの。

そして戦闘は 2時間をオーバーする泥沼の長期戦になり、全プレイヤーの疲労が目に見えてきた頃、「みんなそろそろ限界かも…」 と察し、ディフェンサーを割いて一気に敵陣を襲撃するプランをチーム内に居るグループメンバーに提案する。
単独で敵陣の死角に潜入し、味方基地の安全状態を確認した後、「敵陣にいる、直ちに集まれ!」 的なコールを送り、次々に戦闘員を召還する。 集めたはいいけど、またもやバラバラに行動しやがるものだから、「待って! 攻撃隊が集まってから全員で一気に攻める」「これが失敗したらもう勝てないぞ!」 と諭し、集めきった頃に、
「Ready set!」 「3, 2, 1,」 「Go!!」 「GO !GO! GOGOGO!!」
という掛け声を発して怒涛の強襲を開始、「Believe me!」 などなど、ここぞとばかり映画のような恥かしいセリフを連呼しつつ前線指揮を取るワタクシ、そんな熱い鼓舞と完璧な指揮の元、敵旗を奪取し 勝利を獲た我がチーム! …嗚呼、なんて若くてキレーで有能な指揮官なんだ! ワタクシに比べればジャンヌ・ダルクなんて、ただのキチガイなメス猿だね、うんうん。

所属してたグループのスタンスもあって 日本人プレイヤーとはほとんど交流がなかったのだけど、陽気で小気味良いバカ野郎の集まりだったゲームの昔話。

攻撃といえば、昨日 洗濯物を干してるとスズメバチに遭遇。
この辺に巣は無いハズだからおそらく偵察員。 基地防衛モードに入ると手におえないほど危険らしいけど、偵察員は基本的に無害と本で読んだ事があるので、ここはあせらずジッとやり過ごす。
数十分後、ふと窓を見ると干した洗濯物周辺にさっきの奴らしいのがウロウロしてる。 …むぅ、タチ悪いな、基地なんて作られたらたまったもんじゃない、殺しておくか…と、殺虫剤&ライターを用意する。

ハチ専門殺虫剤(高額)だったら即死に近い感じで殺せるけど、通常の殺虫剤では即効性がないので、とりあえず機動力を奪う(羽を焼く)為。 あと奴らの弱点は熱、ほんの数度の熱にも耐えられない構造らしく、小さいハチがスズメバチに対抗する時には、集団で取り囲み 摩擦熱を発して戦うそうな。 というワケで敵が単機ならこれがベストと判断。

ちなみに奴らと近接戦をするなら、奴らの構造上 横の動きに敏感で縦の動きには鈍い為、左右に振る攻撃じゃなく、上段から振り下ろす攻撃が良いとセンセーに聞いた。 でも外すと反撃を食らうこと確実、奴らは頭部(頭、眼球等の黒い場所)を狙ってくるので、「どうしようも無い時はパニックにならず手で掴め、基本的に動きも遅く体も大きいから蚊やハエよりは掴みやすい、目や頭を刺されるよりは手がマシだ」 とおっしゃってました。
無理!そんなの怖くてできません! 近接戦はリスクが大きすぎるのでやめときましょう。

話を戻し、窓からソロリソロリと手を伸ばして奴がベランダの手すりに止まった瞬間、ボゥッ!と火炎を発するとあっけなく地面に落ちた。 そして殺虫剤を噴射してトドメをさす。
でもこれで終えちゃダメ。 奴らは殺すと "おれの仇を取ってくれフェロモン" を出すらしく そのまま放置は危険、証拠隠滅しましょう。 ハチの死骸をティッシュに包み、アパートの前にある木の元に埋めた。

ゴキも同じで、叩き殺すと "ここまで来たフェロモン" を出して後続者に教えるそうな。 あれだ、登山隊が途中で断念し、フラグを立てて 「無念、後を頼む…」 みたいな。 そんなフラグは迷惑なので殺害後は周辺を掃除して、完全犯罪にしておきましょう。

昨日といえば、BLOOD+ というアニメが始まるらしく観てみた。
1話目だから何とも言えないけど、劇場版 BLOOD THE LAST VAMPIRE のインパクトが強すぎたのか、いまいちピンとこなかった。
しかも刀も日本刀じゃないみたいだし。 歪みや血糊や刃こぼれで鞘に入らないほど使い古してしまった…てな劇場板の生々しさが好きだったのに。 そのうち伝説の刀だとかオーラがどうたら言い出したり、必殺技の掛け声と共に衝撃波を飛ばして斬るとか、そんなアニメになりそうな予感。
とりあえず家に居たら惰性で見るってな感じかな。 似たようなアニメでは ANIMAXWitch Hunter ROBIN を観てるけど、こちらは見逃したくないほど面白いのだけども。

BLOOD ついでに、BLOOD THE LAST VAMPIRE のレビューで見付けた投稿、

★★★☆☆ アニメ化が近い…, 2005/08/23
いよいよこの作品のアニメ化も秒読み段階に入ってきたところか?
この作品はもうすぐ始まる種死の後番組「BLOOD+」の前作である。といっても自分はまだこれ本体は見ていない。それ故あえて「星三つ」にしてあるが、自分としては今相当期待している作品であることは間違いない。
ただ、種・鋼に次いでまたまたグロい内容みたいなのは不安。もしかして「この枠ならグロはOK」って思い込んでるのかねぇ?某Pは?
ほかにも「主人公声優が代わってる」「主題歌が種死の○○○(伏字)」とか不安要素はある。しかしとりあえず10月8日を待ちましょう。
追記・スタート直前にこれ放送してくれないかな?

よくわからない…。 劇場版の欄に別作品の BLOOD+ の文句(しかもまだ観てない)を書いて ★★★☆☆ の評価、謎すぎる。 書く場所を間違ってる? と思ったけどそうでもないみたいだし。
Amazonで色んなレビューを目にするけど、ここまで外してるレビューも珍しい。

まだまだ 10ネタくらいは続けられそうだけど、「ナニしょーもない事を書き綴ってるんだろう?」 と正気に戻ってしまい、どっと疲れが来てしまったからおしまい。

海外の大阪案内に府が反論「ヤクザの街」などは誤解(読売新聞)
ヤクザはともかく他の事は間違ってないんじゃない? と思ったりする関西出身のワタクシ。 ていうか日本に治安がどうたら言えるお国柄なんだろうか。

GMailのちょっと違う使い方(利用法)を教えてください(はてな)
GMail のアカウントは持ってるけど、特に用途もなく…って感じだったから参考になった。 特に GMail Drive は便利そう。

SCEJ、11月発売の「PlayStation 2 the Best」タイトル発表(ITmedia +D)
特に欲しいのは無いなぁ…。 そういえばバイオハザード4は12月発売という記事も見付け 少し浮かれてしまう。 フロントミッション5も12月だっけ。


*Trackback on "「といえば」で繋げてダラダラ書いてみる"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2005/10/post_77.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"「といえば」で繋げてダラダラ書いてみる"へのトラックバックはまだありません。