*2005年11月15日

ドラクエ8を終えて

3週間程前に買って夜な夜なプレイしていた ドラゴンクエストVIII をクリア。 とっくに旬も過ぎ 「今更ドラクエ8かよ!」 てな感じだけど、せっかくだから感想でも書いてみる。

勇者りっぷつの冒険録
最初の街に到着、まずは武器屋/防具屋を目指す。うーむ結構いろいろある、所持金で一式揃えるのは無理っぽい。 とりあえず街中で人の話を聞いた後、レベル上げ&お金稼ぎを開始。 意外とお金のドロップ額が少なくダルくなってくる。
Lv3位から "スキルポイントの振り分け" なんて出てくる。 なるほど、使用する武器はひとつに絞った方が良いって理屈ね。 勇者様といえば剣だし、最終装備もどうせ剣だろうから剣にするか…と思ったけど、2人パーティで複数のモンスターを 1匹づつ相手をするのがダルい。とりあえず全体攻撃のブーメランを上げ始める。 相棒の小汚いデブは適当でいいや。

意外とお金が溜まらない。 ちょっと遠出してみるか…とウロウロしていると何やら動く物体を発見、どうやらモンスターらしい。 イベント?話し掛けるか…と近づくといきなり戦闘、…そしてパーティー壊滅。 1時間近くコツコツ貯めたお金も半額に… ひどいよひどいよ!
とりあえず何かありそうだから、手書きで簡易マップを作り、謎のモンスターがいたらメモることにする。

話は大幅に飛び、無駄に乳を揺らすハレンチ女、絵に描いたようなキザな男も加わりパーティーは4人に。 パワーデブ・ナルシスト・露出ねーちゃんと、なんだか大昔の戦隊ヒーローみたいなノリ。 リーダーは正義感溢れる熱血であるべきなんだけども、この勇者様は気持ちが悪いほど大人しく個性がない。

メルヘン全開の展開で船をゲット。 この世の物ではない伝説の船…とか何とか言ってたのに、海に浮かべば只の船だった。

全体的にモンスターが落とすお金が少なく、普通にプレイしていたらお金が足りないのだけど、そんな不満が炸裂。絶対にお金のバランスがおかしい!
なんとかならないものか…と、レベル上げついでに海をフラフラしていたらマップ隅に小さな島を発見。 絶対意味有り気…と上陸してみると "はぐれメタル" が Spawn するじゃないの。 しかもそこに出現する "ひとくい箱" の落とす額が 1匹につき 110G と結構お徳。 ここでお金&経験値を稼ぐことに。

追い続けたドルマゲスと決戦。 当然これで終わりとは思ってないけど、今までのボスとは違うだろうなぁ…と気構えて対決。 …おっとでたな、ドラクエ得意の "真の姿" パターン! でもあっけなく力押しで倒す。 やばい、どうもレベルを上げ過ぎてる気がする。

なんだか乳揺らしねーちゃんの露出度が高まってくる。 このねーちゃんだけ服のグラフィックが変わるんだけど、ファンタジー物でよくあるタイプの露出とは違い、単にエロいだけというか。 おいろけスキルのアクションも凄くなってきたし。
このねーちゃん、言ってる事と衣装のイメージが合ってないんよね、 「あら、アタシのFカップが突然揺れたと思ったら地震だったのね? また揺れないかしら、ウフフ」 なんて言ってそうな女みたい。

短時間でのお金稼ぎ&レベル上げでスムースに進行していたのだけど、ダンジョンでの雑魚戦闘がうざい。 パズルや迷路みたいなマップだから戦闘画面に切り替わったりしてると、どっちに行ってたのか、何をしようとしてたのかが判らなくなる。
しかもモンスターのダメージが強く、戦闘後の回復が必須になるものだから MP も減りまくるわで、後に控えるであろうボス戦に不安がよぎる。
以前にもダラダラ文句を書いたけど、和製 RPG のこうゆう所ってイヤなんよね。 無限 Spawn するモンスターに対して強力な魔法を使いまくってたら絶対的に MP が足りなくなるし、同様に補助魔法なんて雑魚戦に使うのも勿体無いし。 一方ボス戦では補助魔法に制限があったりで何の為の補助魔法さ? いい加減、Wiz の作り回しみたいなシステムから抜け出たら?てな感じ。
そんなダンジョンでの不満にイライラが炸裂、街に戻って聖水を 100個程買い込む。 そしてダンジョンでは常時聖水を使い、一切雑魚戦をしないで攻略。
お金やレベルが足りなくなるって? のんのん、気が向いたら隅の島でメタル退治をしてるから全然平気。 ゲーム中半からそんなペースが定着。

ベルガラックのカジノが再開、「やっとまともなカジノだー」 と喜ぶ。景品もなかなか豪華。
…さて考える。 各種ゲームを軽く触ってみたところ、上位景品をゲットするならルーレットが有効と判断。 一見ハイリスクハイリターンっぽいけど、そうでも無さ気。
どの賭け方が効率的か、それらの確率は? を電卓を使って計算し、最初に貰った 600枚から 3万枚ほどコインを増やすもリセットするのが面倒になってくる。 PS2 なんだからソフトリセットを入れなよ… ソフトリセットの無いゲームなんてダメゲーの類だよ。
もう面倒… と、100枚スロットで放置プレイしてお風呂に入る。 そして お風呂から上がるとコインは膨大な枚数になってた。 結局スロット放置がベストだったのか…。
そんな感じでカジノ再開から 3時間程で、グリンガムのムチ・はぐれメタルよろいx4・はやぶさのつるぎx2 をゲット、もうカジノは用無し状態。 中半でこれらの武具を取ってしまい、更にバランスが狂い始める。

レティス入手。 行けなかった場所を色々巡っていると、"はぐれキング" や "はぐれメタル" が複数 Spawn する場所を発見、更にレベルが上がりまくる。

バトルロードをやってみる。 手書きで簡易マップを書き 遭遇したスカウトモンスターの場所をチェックしていたから、割と短時間で強そうなモンスターを集める事ができ、思ったより簡単にバトルロードを制覇してしまう。 でもこのイベント楽しかった。

いよいよ大詰め状態。 真のボスらしいのを倒したのに、ワケわかんない展開で "真の真のボス" が降臨、そいつを倒せば世界に平和が訪れるっぽい。
やり残した事は無いかなぁ…と色々巡っていると、錬金釜をあまり使ってない事に気付く。 といってもヒントのレシピって中途半端でわかんないし…。 そんなことを電話で友達に話していると、メールでレシピを送ってくれるとの事。 送って貰ったはいいけど、これって何処かの攻略サイトのコピペでしょ?

色々作って装備を整えてみる。 バカみたいにメタルキングを倒してたからレアアイテムの "スライムのかんむり" が4つもある状態だし "メタルキングの鎧" を3つ作って男3人に着せる。 エロねーちゃんは魔法耐性に不安があるけど、あんたは "奇跡のビスチェ" でエロ道を貫け。 武器は、勇者 "英雄の槍"、デブ "覇王の斧"、キザ "はやぶさの剣・改"、エロ女 "グリンガムのムチ"、兜や盾は まぁ適当に。
あと "スーパーリング" を4つ作ったのだけど、これを作るのに凄まじく時間が掛かってしまった。 錬金釜のシステムは好きなんだけど、この異常な待ち時間は何さ? 無駄以外なにものでも無いのだけども。

真の真のボスを倒しにいく、この時点でパーティの平均レベルは 70位。
序盤の前置きというか演出に時間が掛かったけど、戦闘に入るとわずか 4~5ターンで倒してしまう…、なにこれ……。 レベルを上げ過ぎた? メタル系相手にレベル上げをしてたから、そんなに時間を掛けたつもりは無いのだけど…。
まぁ、とにかく終わった。 世界は平和になりました。

終えてみて
一言で言ってしまえば、軽いPRG だったかな。 全体的に重い話でもなく、ファンタジーというよりは童話って感じで。 難易度的にもイージーだったし。

グラフィックは最新作だけあって綺麗の一言。細かい所まで描き込まれてるし、木々も風で微妙に揺れていたりで凝ってたし。 アニメ風な3Dだけど半端に粗が目立つリアル系3D よりはワタクシは好きだった。

演出面やストーリーは微妙。 ゲームにこれを求めるの駄目かもだけど、悪者を食い止める為に旅に出て、ことごとくそれらと戦って勝つのだけど結局毎回逃げられ、最後には最悪の状態になる…みたいな。 やってる事に不毛感を持ってしまう。
スターウォーズとかでもよくあるじゃない、勝つのだけど、最後に黒幕が 「フッフッフ、想定範囲内のことだ」 みたいな。

酒場の乱闘イベントのノリや、氷のダンジョン・魔城都市のダンジョンの作りなんて綺麗で面白かったし、クソゲー!なんて思わないけど、やっぱ色んな意味での "軽さ" に物足りなさを感じた RPG だった。 ワタクシ的には 80点ってところ。
あ、ちゃんとクリア後の竜王も倒して真のエンディングも見ましたよ。

AB2 - The creation is a life (はてなB)
あぁ、目が熱いよ、モニターがにじんでみえるよ…。
そう、セガマニア同士ではセガをけなしまくる、批判を超えた中傷で。 だってバカなんだもの! でも他メーカーのファンやライトユーザーがセガをけなす事は許さない。 「任天堂もソニーも知っているさ、だがセガも知っている、そこがあんたとの違いだ。クソゲーだけで済ませる器量の小さい奴め」 と。 カルトがかった妙な連中に見下されるのだから、言われる側は呆れるしかない。
そこで感情的な反論をされるとセガマニアは、「おやおや、これだから…」 と一変して落ち着き払った態度を捕る。寛大な大人ゲーマーを演じることによって他ユーザーとの違いを見せつけようとするのである。そうやってセガマニアは戦い続けてきたのです。 嗚呼 これからも。 そしてセガは相変わらずバカなのです。

狙ってるのか、本気なのか。ゲーマーを震撼させる衝撃作 (ITmedia +D Games)
ジャレコの 高速機動隊 World Super Police のお話。 レースゲーは苦手というか好きじゃないのだけど、こうゆうのなら楽しそう。 …と思ったら Amazonのレビューでは叩かれまくったり絶賛されたりと二分化してて、色んな意味で興味津々。

会津戦争全史
朝日新聞の新刊紹介に載っていて興味を持った本。 朝日の書評では 『無能な指導者による本土決戦だったのである』 とか 『判明している戦死者は2407人。これには農民、人夫、官軍にレイプされて殺された女性が数えられてない。新政権軍の兵士は相手が弱者と見ると徹底的にいたぶる軍隊だった。』 などなど朝日の大好きなキーワードで書きたい放題だったけど、そんなノイズはおいといて、幕末の会津を中心に扱った書籍というのは純粋に興味深い。その内買ってみよう。


*Trackback on "ドラクエ8を終えて"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2005/11/8.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"ドラクエ8を終えて"へのトラックバックはまだありません。