*2005年11月13日

時にはあさましく

はてなブックマークで アフィリエイト収入が100万を超えて起業したOL という記事を見付け、ぼけーっと読んでみた。
起業と言っても、アレ系Blogでよく見掛ける 『アフィリエイトで大儲け!』 みたいなスクールなワケね? 楽天ブログ等で血眼になってる主婦とかには需要があるのかな。 『初心者でも成功する株入門!』 とか 『パチンコで必ず勝つ方法!』 と同次元にも思えるけど、まぁ何はともあれ結果を得た人という事は勝ち組には違いない。

元々は Web広告って大嫌いだったけど、いつの間にはワタクシもアフィリエイト(アソシエイト)に手を出してる状態。 こうゆうのってホントに儲かるの? という疑問から経験してみよう…と始めてみたのだけど、収入目当てより広告をツール感覚で使うのが面白いかな。 Amazon なら著作権関係無しに色々画像を使えるし。

そんなワタクシなりのささやかなポリシーとしては、Amazon や楽天等の商品リンクでは所持している物や知っている物、要するに 「これどうよ?」 と聞かれた時に説明できる物しか基本的には貼りたがらない。 または買おうかな的に興味深い物。
それら商品リンクを貼っても、「だめじゃんこのクソゲー、メーカーもユーザーも死ねばいいのに!」 風な紹介をしたりするから、売れる筈もなく。
あと、『話題のドラマがついにDVD BOXに!』 『全世界が待ち焦がれる超大作RPG ついに発売!』 的なメジャー物を見境無く貼ったところで、大手サイトには絶対適わないから鼻から諦める。
じゃ、ウチみたいな所はどうすれば? と考えたりするのだけど、

北斗の拳 種モミTシャツicon
北斗の拳 種モミTシャツicon世紀末世界において、ただ所持しているだけでも襲撃イベントのフラグが立つと言われる危険な物資「種モミ」。 今日もミスミじいさん(アニメ版ではスミスじいさん)がモヒカン&肩パッドの悪漢どもの標的に!
北斗好きたちの話が盛り上がると必ず出てくる、みんな大好きな種モミのエピソードを「明日より今日」なデザインに仕上げました。

どうせならこんな個性的な物でアピールしなきゃね! とか思ったけど、絶対売れるハズもなく。

あと、バナーもデザイン重視で選んでしまう。 例えばですね、ワタクシは俗に言われるセガ信者・セガ厨(もう過去形に近いけど)だから、セガをアピールしてあげたいのだけど、セガのバナー広告ってばセンスが酷くて使う気になれない。
セガダイレクト
誰よあんた、こんなのヤだ! 昔は This is COOL なんてキャッチコピーで売ってたのに見る影もないじゃん! Is this Cool? と問い詰めたくなってくる。

だんだん何を書いてるのか判らなくなってきた、強引にまとめてみる。
まぁ、ここならホコリヤニガード2なんてウチ経由で買ってくださる方が多いみたいだけど、物が安いだけに 30円程度の紹介料だったりします。 Google Adsense なんて 1クリックで 1~2ドルの時があるくらいだから、それを思うとホント雀の涙みたいな額。 でもね、なんか嬉しいんよね。 金額の大小じゃなくレスポンスが嬉しいといいましょうか。ワタクシ的にはそれがモチベーション維持になってたりする。
アフィリエイトで大成功!とか本業に~ だとか、そんなのを否定する気はないけど、小さい所は小さいなりに楽しんでるのですよ、というだけのお話。

男になってる夢をみた。そして彼女がいた。
その彼女は背が小さく性格もさっぱりとした人気者の可愛い子、たぶん高校の時の同級生がモデル。 そんな人気者な子と付き合ってるという優越感みたいなものも持っていた。
その子の家の前で話をしていると、突然 「別れようかなぁ…と思うの」 と告げられる。 「どうして?」 と聞くと 「なんだか退屈だから」 という返答。 よくわからない…。
えー… と困っていると突然彼女の思考が自分の頭の中に入ってきて、彼女を理解してしまう。 彼女は今の彼(私)が嫌いでもなく、特に不満がある訳じゃないけど、ただなんとなく私生活がマンネリ化したから彼氏を変えれば楽しくなるかも? という想いがダイレクトに伝わってくる。
彼女の考え方はわかった。 一見酷い話だけど何故か 「なるほど…」 と納得している自分が居た。そうゆう生き方もあるんだ…と。 高杉晋作の 『おもしろき、ことのない世を、おもしろく』 的な私とは根本的に違うのだけど確かにそれも生き方のひとつかもしれない。 女として絶対的な自信を持ってる彼女ならではの生き方。
そして自分に戻り、悩む…。 自分はどうすればいいんだろう? すごく理不尽な気もするし、自分は何だったんだろう? と。
 :
 :
目が覚めた、時計を見ると 6:30くらいだったかな。 妙にリアルな夢だったから、寝ボケながらも考え込んでしまう。

・二人三脚 一心同体で共に歩いていく生き方
・コバンザメのように自分を相手に託し、利用またはすがり付いて行く生き方
・たとえ身近な相手でも、自分は自分 相手は相手と割り切る生き方

私は三つ目の気が濃いのだけども、夢の中では二つ目に強く同調し理解できたような気がする。 理屈では説明できない何かが判ったような気がする。
そう思うと何となく納得し、「あー、エウレカセブンを観なきゃ」 とテレビを付けようとすると、目覚めた彼に突然襲われ、そのまま 9時頃まで眠ってしまった。
嗚呼…また見逃してしまったじゃないの、日曜の早朝なんてアホな時間に放映してんじゃねえ! って感じ。


*Trackback on "時にはあさましく"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2005/11/post_82.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"時にはあさましく"へのトラックバックはまだありません。