*2005年12月27日

バーチャの思い出

そういえばクリスマスだけど、ちょっと趣向を変えて教会でミサを見学してたけど凄く良かった。 心清らかな乙女のワタクシは、天なる父に身を捧げてシスターになってしまおうかと思ってしまうほど神秘的で良かった。
高級ホテルでどーたら言ってる不浄で低俗な迷えるブタ共は、悪魔に串刺しにされて地獄の業火に焼かれてバクテリアの糧となって森羅万象と一体になって浄化されてしまえば良いのです、アーメン。
まあ一度見てみるべし、おすすめ。

大学近くのゲーセンでバーチャファイター3tb をやってた頃の話。
VF は一作目からやってたけど愛キャラはウルフを貫いてきた。 tb になってサラだの葵だのも加えるけど基本的には "ウルフ・サブキャラ・ウルフ" みたいな組み合わせ。 たとえ相手のゲージが 1mm であっても投げで決めるのがウルフ道! とそんなスタイルでやってたのだけど、そのゲーセンにはレベルの高いプレイヤーが少なく、天狗になっていた。

そんなある日。 いつものように連勝を重ねていると相手側にウルフが現れる。 「上等じゃん」 なんて調子でやっていたのだけど、どうも強い。 動きに無駄が無く、アグレッシヴに投げ中心に狙ってくる所なんか妙に私のスタイルに似てる。 …なーんて思っていると負けてしまった、しかもラストはエクセレント負け。
「アッタマきた!殺す!」 と本気モード(暗示)で再戦。 今度はコンボ中心で何とか勝つも、またもや挑戦され負けてしまう。 ええい、今度はサラとジェフも入れてだ! なんて感じで 8戦近くその人と対戦していたのだけど勝率は 3~4割程度だった。
はぁ…と筐体を立ち、他の対戦を眺めていると、その人が缶コーヒーを差し出して 「上手いね」 なんて声を掛けてきた。 妙にムッとしたのだけど、コンボだのフォワードがあーだこーだと、そんなバーチャ話に盛り上がり、お互い名前すら聞かないまま店を出て別れた。

それから一週間くらい経った頃。 学校帰りに遊んでいるとそのウルフ使いが現れた。 姿は見えなかったけど動きとスタイルで何となくわかる。 何戦か戦い、互角… いや負け越しだったけど楽しい対戦だった。
休憩に席を立ち、他の対戦を眺めているとその人が 「夕食代を賭けて勝負しない?」 なんて言ってきた。 なんだ?誘ってんのか? まぁいいや、のってやる。勝ったら寿司でも焼肉でも好き勝手に選んで泣かせてやる! と受けて立つ。
……が負けた。 近くのファミレスでおごる羽目になってしまう。
この時に初めてお互いの名前を知り、携帯番号も交換したのだけど連絡する事はなかった。

それから少し経ち、いつものゲーセンに行ってみるとその人が居た。
「おひさし」 てな感じで話していると、「今度は俺が勝ったら付き合う、という事で勝負しよう」 なんて言われる。 はぁ? …なんて反応しながらも、なぜか乗ってしまう自分がいた。

でもこの日は神が降りてきた如く調子が良かった、まさにキャラと一体になったようなシンクロ度。 ストレートに連勝して残り 1ラウンド。 相手も手を抜いてるとは思えない動きだし、実際調子が良かったんだと思う。 余裕が出来ると少し遊んでしまい、負けを許して 2-2 にもつれこむも、全く負ける気がしない。 感覚的に "この勝負は絶対勝てる" みたいな空気がわかる。
案の定ラストラウンドでも波に乗り、相手の体力は 2割も無く適当な攻撃で KO できる状態、こちらは 8割近くあってコンボをくらっても体力的には耐えられる状態に追い込む。
……が、負けてしまった。
本当は勝ってた。 SSD の入力を戸惑って止めてしまった事、確実に決まったであろうショートショルダーも戸惑って打たなかった事をはっきり覚えてる、あの状況で小賢しいことを考える余裕なんて無かったはずなのに本能的に負けることを選んでしまってた。 ゲームの勝ちより欲しいものがあった。

それからすぐ後に VF4 が出たけど、せっかく慣れたエスケープボタン廃止でまた 3ボタンに戻ったりで操作に着いて行けなくなり、ゲーセンに通うことも無くなってしまった。
その後しばらく経って PS2 を購入、VF4 を買ってお互いバーチャをやらなくなった者同士でヘボい対戦をして遊んでたりする。
今ではバーチャどころか格ゲーすらまともに出来なくなってしまってるけど、特別な思い出のあるバーチャのお話。 そんなゲーセンの思い出。

「遅刻する "食パン少女"」は少女マンガに実在するか (ExciteNews) を読んでいると、こうゆう出会いは特別なんだろうか?とつい思い出してしまった。


*Trackback on "バーチャの思い出"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2005/12/post_89.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"バーチャの思い出"へのトラックバックはまだありません。