*2006年02月10日

しつこく風邪の日記

風邪が治らない。
「ケホケホッ、ゴホッゴホッ、うぅ…」 なんて咳き込みながら背中を丸め、レモネードの入ったカップを両手で持ってる姿をみると、かよわく可憐に見えるらしい。 まあ事実可憐なんだから仕方ないのだけども。

そういえば幼稚園の頃、戦隊ヒーローごっこをすると、決まって敵に捕まり助けてもらう役を好んでいた。その頃は助けられる事に喜びや憧れを抱いていたのでしょう。 それがいつしかアグレッシヴな性格になってしまい、「人質?後回しだ、任務遂行を優先しろ!」 なんて性格になってしまったのだけども、何故こうなってしまったのか。
何はともあれ、そんなワタクシも 「オーストラリアに行きたい…」 なんて つぶやいてしまいたい程 弱ってる日々なのでございます。

じっと寝てるのも暇だからゲームでも… と思ったのだけど、持ってる PS2系ソフトは操作が激しかったり細かい設定だったりで、今のコンディションではちょっとキツイ。 そんな状態なので SFC を引っ張り出し、『タクティクスオウガ (TO)』 で遊んでいた。 まぁ年に 1~2度は遊んでいるゲームですし。

昨日 彼にそんな光景を見られ、何を思ったのか突然 『バイオハザード4』 を買ってきて渡された。
「へ?」 と理由を聞いてみると、風邪で覇気も無く、しかも十年くらい前のオンボロゲームで寂しく遊んでる光景を見ると、とても哀れでみすぼらしく見えたとか。 で、前から欲しいと言ってたバイオ4を買ってきてくれたとか。
ざけんな そこまで落ちぶれちゃいねー、裕福じゃないけどそこまでビンボーじゃねー、つーか世紀の傑作 TO をバカにしてんの? …なんて思うも素直にありがたく受け取る。

更に問い詰めると、"中古屋に売ろうとしてた友達から" 安く売ってもらったとかなんとか。
新品で静電気状態のシュリンクをピリピリ剥がしたかった…なんて事は言いません。 ディスクを研磨しパッケージの汚れをふき取って一生懸命綺麗にしてる中古屋さんのが欲しかった…なんて事もいいません。 ええ、物のついでだっただろ?なんて思ってもませんよ。 文句は言いませんが、微妙な傾きをも許さない化学天秤のようなギブアンドテイクを信条にするワタクシは、バレンタインだの誕生日だの それらイベント事へのアイデアにさせて頂きます。

そんなワケで、病気がちの可憐な乙女をオーストラリアにではなく、斧を持ったキチガイやバケモノが徘徊する地獄に放り込まれたワケですが、なんとか頑張って生き抜いてみる。
つーか、Amazon の バイオハザード4 にリンクを貼ると、エロ物みたいに 18禁の警告が出るのに笑った。

おまえらの目撃したすげぇ事件・光景 (非日常に首を突っ込んでみるテスト) を読んで思う。
こんな日常的に怖い話ってゾクっとくる。 ワタクシ事でそれっぽい体験談を語ってみると、

その1
小さい頃(関西に居た頃)母と一緒に駅に向かっていると、前から母親らしき女性が私と同じくらいの子供を抱えて小走りで歩いてきた。 何気にその子を見ると、白目を剥いて口から血を流してる。 どうみても異常な光景なんだけど、その母親はニコニコしながら小走りに歩いていく。周りには人が一杯歩いているんだけど何故かみんな無視してる。 「えー!?」 と母の袖を引っ張ると 「見ちゃ駄目」 と小声で言われ手を引かれた。 なんだったんだろう、あれ。

その2
とあるラブホでの出来事だけど、隣の部屋から男女の凄い罵声が聞こえてきた。 声は廊下側でも聞こえ、どうやら部屋を出たり入ったりしてるらしい。
割と新しい造りだからそれなりに防音設備があるんだろうけど、それでも聞こえてくるのだから異常に感じ、二人そろって入口のドアで耳を澄ませてみた。 少しすると声が止み、納まったかな? …と思ったら廊下からやけにバタバタと足音がする。
「なんだったんだろうね?」 なんて話しながら 30分程経つと、今度は救急車とパトカーのサイレンが聞こえてきた。 そしてすぐ下で止まった。
やべー、まじやばいよ、これ事件? つーか隣の部屋で事件って事は事情徴収とか受けなきゃいけないワケ? ラブホで? 事件も怖いけど、それ以上に こんな所で顔と名前を警察に晒す羽目になるの? 冗談じゃない! …なんて感じで焦りまくる。
結局 呼び出される事も無く何もなかったんだけど、色んな意味で生きた心地がしなかった出来事。 ちなみに隣の部屋で何があったのかは分からないまま。

その3
兄に幼い頃からしつこく聞かされた話だけど、夜に窓外の塀を眺めていると黒い列のようなモノがモゾモゾ動いてたらしく、「なんだ?」 と近寄って見てみると大量のゴキが一列になって移動していたらしい。 うわぁ!と後退りし、「…目の錯覚だ」 ともう一度見ると、やはり超大量のゴキがアリみたく一直線に並んで どこかに向かっていたとか。
今まで信じてなかったのだけど、コレを書きながらググってみたら そうゆう事例はあるっぽい。

もう少し展開があれば こたえてちょーだい! とかに投稿できそうだけど、全部オチがないし。


*Trackback on "しつこく風邪の日記"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2006/02/post_98.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"しつこく風邪の日記"へのトラックバックはまだありません。