*2006年05月15日

いまさらMGS3を始めてみる

友人から 『METAL GEAR SOLID 3: SNAKE EATER』 を貰った。 細かい修正やオンラインモードが追加された  METAL GEAR SOLID 3: SUBSISTENCE なんて出てるけど、BB Unit を持ってないんで気にしない。 このゲーム、発売前はワクワクしてたくせに何故かプレイしてなかったんよね。 つまらなそうとかお金が無いとかじゃなく、単に忘れてたという理由だけど。
説明書を読んでいると、相変わらず操作が多いなぁ…なんて思いつつ、今作は生き物を捕獲して食べなきゃいけないらしい。 いいじゃん、なんだかワクワクしてきた。 早速始めてみよう。

「時は1960年代、東西冷戦の最中で……」 なんて御託は割愛して、我らが英雄スネークさんがパラ降下すると周りはジャングル。 何やら草むらがゴソゴソしてるんで練習がてらにナイフを振り回しているとアマガエルをげっちゅ。わぁい。 他でもゴソゴソしてるんで更に振り回しているとアナコンダをげっちゅ。 幸先良いじゃない、よし、早速アマガエルを食べてみよう。
 「はぐはぐ…… 不味いっ!」
なるほど、アマガエルは不味いらしい。 …って生で食ってるし。流石は伝説になる男。 続いてアナコンダも食べてみる。
 「はぐはぐ…… 美味いっ!」
そうか、アナコンダは美味いのか。 つか蛇とかカエルとかナメクジは生で食べちゃだめだよ、死ぬぞ? レンジャーの鉄則です。 スネークさんは伝説になる変態だからほっといていいけど、良い子は真似しちゃいけません、それらに触った後は必ず手を洗いましょう。
ついでにワニが居たんで襲って食ってやろうと思ったけど、逆に殺され掛けたんで食えなかった。残念。

そんな感じで 2~3時間程プレイしてみたけど、雰囲気がとても良い。無線機の無駄話も面白いし、60~70年代の話題や小道具も楽しい。 無駄に兵器のうんちくを語り出したり、ジャングルの真ん中で突然哲学を語りだしたりワケわからん演出が多いけど、逆にそれがギャグに見えて面白い。 ベタベタながらも力技で雰囲気を作って成功してる例って感じ。
あと、銃もオープンサイトで定めるのがいけてる。 バイオ4なんて全部レーザーポインターで、中にはマウザーもどきや中折れ式リボルバーにレーザーポインターなんて不自然な銃まであったけど、コレみたくオープンサイトだったら雰囲気が出てたのに。

ベタ誉めもアレなんで気に入らない点を挙げると、とにかく視界が辛い、周りを確認する為に主観視点にしまくるのが面倒。 敵に発見された時も何所の誰に発見されたかも分からんまま逃げるのが悲しすぎる。 明らかに見えるであろう距離でも画面内に収まってないんだもの。
あとレーダーが無いのはリアリティがあって良いのだけど、その分マップを使いやすくして欲しかった。 何所に行けば良いのか分かり辛い上に、マップを出すのにいちいち読み込むのもウザイし。

長所短所は色々あるけど、とりあえず楽しい。 今作は目だけでなく音も意識しなきゃダメなんだけど、ゲームをしてる時って音楽やラジオを聴きながらプレイしてるものだから、注意力散漫になって敵に見付かりまくりの戦闘しまくり状態。 そんなんだからコソコソするのも面倒になり、背後から忍び寄って首を掻き切りまくったり、気絶させた後もナイフでザクザク切って殺したりの殺戮者と化してる。 こんなんで良いんだろうか?なんて思えてきた。

 メタルギア ソリッド 4 ガンズ オブ パトリオット(仮称)
早くもレビュー(?)が大量投下されてるし。 システム面でこうゆうの止めさせなよ、Amazonは。


*Trackback on "いまさらMGS3を始めてみる"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2006/05/mgs3.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"いまさらMGS3を始めてみる"へのトラックバックはまだありません。