*2006年06月16日

ここの存在意義

ロリポから契約更新のメールが届いて妙に考え込む。 何の為に Weblog なんてやってるんだろ? 特にテーマを絞って何かを啓蒙したいわけでもなく、特に活気があるわけでもなく別に活気を望んでいるわけでもなく、アフィリエイトで大儲け!なんて目的があるワケでもなく実際儲かってもなく。
じゃ、なんの為にやってんのか?と問われれば 「ただなんとなく」 しか出てこない。 よくよく考えれば意義も意味もない。
そんな事を考えながら過去の日記を読み流してみる。

[2004 8-23 Mon] たったひとつの冴えたやりかた
ところで、Webでこんな事を書く意義って何だろう? よく「インターネット(またはBlog)はメディアを変える!」とか妄信的に熱くなってる意見を目にする事があるけど、何を足掻こうがインターネットなんて、団地のオバサンが集まって話してる井戸端会議だったり、酔ったオヤジがクダ撒いてる戯言レベルでしかないよ。当然ワタクシのテキストも例外に無く。
ただ、テーマに対し他人はどう思っているのか?的な事を知れるのは純粋に楽しいし、ためになる。「バッカじゃない?」「むかつく」「ふーん」「なるほど…」...etc 色々思う事はあるけどね。
インターネット上にある大半の情報なんて新聞の読者投稿欄でしか無いワケよ。書く人のオフラインでの肩書きが大学教授や公人だったとしてもそれは変わらない。 でもワタクシはその投稿で他者の意見を知り合う事にも意味があると思うから Web を立ち上げて意見を書き参加する。 でもそれは「事実を報道する」とは別の次元。アマチュアが発する「私はこう思い考える」程度の事でしかない。
…と、奇麗事で言えばこんな感じだけど、本音で言えば暇潰しや鬱憤晴らし。単に書く事を楽しんでるだけの自慰行為。

二年前にこんな事を書いてたのか。相も変わらず冷めたつまらん奴だ。 「ネットは人類の革命だ!情報の共有化によって人は進化できるんだ!それを拒むのは反動主義者のブタだ!地球の引力に魂をh....」 なーんて熱い叫びでも見てみたかった。
でもそうだわね、意義も意味もない暇潰しでいいんだわね。 手の空いた時に絵を描こうかゲームをしてようが、別に生きる上でプラスになるわけでもない。中にはそれを職にできる高スキルの人もいるでしょうけど、大半は所詮暇つぶしだ。 負担になったり嫌になったら止めりゃいいだけ。
自分に問う、「嫌か?ダルイか?」 「んー別に。」 ならいいじゃん、契約更新しよう。

MRE が食べたい。 MRE とは Meal Ready to Eat、要するに米軍のコンバット・レーション(戦闘糧食)。
陸自のモノは何度か食べた事があるけど、特に美味しくも不味くもなく単なる缶詰。御飯だのカンパンだの食べても何の感動もないし。 もっとアレだよ、戦闘糧食というからには 「ぐえぇ、まずい!」「なんかへん!」「養分だけ口に入れてるみたい」 などなど、そんな感動が欲しいものです。
米軍のは 「濃い」「持ってるだけで痩せる」「俺は飢え死にを選ぶ」 などなど、何かと評判高いので興味津々。

どうやって買えばいいのか、その筋の人に聞いてみると 「沖縄のあららがまが良い、ヤフオクはやめとけ」 とオススメされた。 ついでに色々話を聞いていると、サープラス品を超えた粋でミリタリー関係のモノ(合法であっても)を個人輸入しまくっていると嘘か誠かアメリカ当局に目を付けられ渡米禁止になってしまうケースもあるそうな。 他にもヤバイ話を聞いたけどこれ以上は書けない。 とりあえず重度のミリオタ(コレクター)は犯罪スレスレのタイトロープをしてるというのはわかった、よい子は気を付けましょう。

で、教えて貰ったはいいけど売り切れじゃないの。 他でないかなぁ…と探していると KANKOKU-SHOP.COM なんて所で発見。 でも売り切れ。 色々検索してみたけど人気沸騰なのか品薄状態なのか入手が難しいみたい。 まあ気長に待ってみるか。
ちなみに KANKOKU-SHOP.COM で 韓国軍の非常食料戦闘ビビンバ なんて物が目に付く。 戦闘糧食というからには市販パッケじゃなく軍用のままじゃないと許せないのだけども、ビビンバは好きなので興味津々。

米軍戦闘糧食 MREレーション:非常食試食レポート
MREも為になったけど、このサイトって 市民防災ラボ > 体験レポート なんて読んでいても面白くて為になった。


*Trackback on "ここの存在意義"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2006/06/post_119.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"ここの存在意義"へのトラックバックはまだありません。