*2006年06月25日

プロゲーマー、で思う

22日の深夜、日本対ブラジル戦を観る為に頑張って起きてたのだけど、チャンネルを変えまくっていると NONFIX 『プロゲーマーをめざす若者たち』 なんて番組が始まって見入ってしまった。 ちなみに田舎ゆえか 1ヶ月以上遅れての放映っぽい。

番組の内容はリンク先で解釈してもらうとして、中高生くらいの頃に e-sports なんて形であったなら間違い無く片足突っ込んでただろうな、と思う。 同時に 「今はもう手が届かないな、次元が違う」 みたいな感情も持ってしまう。 なんというか荒川静香とかのトップ選手を見て 「あんなのできるわけないじゃん、見てるだけでいいや」 みたいな。 ゲームってテレビで見るスポーツなんかと違って身近な "遊び" だからこそ、余計にそうゆう疎外感を抱いてしまう。
実際 FPS ってズブの初心者には敷地が高すぎて踏み込み辛いジャンルというのも実状なんだわね。 開始して 1分も持たずに殺され何がなんだか… なんて当たり前の世界、そんなマゾプレイを繰り返して 「上手くなってやる!」 なんて向上心を持つ人は少数だろうし。
以前はそんなマゾプレイを毎夜繰り返して FPS を楽しめてたけど、今は流石にそんなパワーは無いや。

一昔前のマルチプレイといえば洋ゲーの MMORPG/FPS ばかりで敷地も高く、そんな物から選択する環境だったからプレイヤー側も向上心を持ってたんだろうけど、今はそんな苦しい思いをしなくても お気楽お手軽に楽しめるゲームが山程ある世の中。 ましてやコンシューマゲームも進歩してきてる。 わざわざ過酷な FPS なんかしなくても…てな感じなんだろうね。
あと日本人って他人を蹴落として競い合うよりも Co-op (協力プレイ)等で 「みんなで仲良く^^」 の方が肌に合うみたいだし。

微妙に話がズレてるし、なんだか悲観的な感想しか出てこないけど、やっぱ風土的に合う合わないってモノがあると思うんだわね。 番組内では日本のゲーマーは世界レベルに達してない、みたいな内容だったけど、ユーザー数が多ければ競争も激しくなって自然にレベルも上がるものじゃないのかな。 そういった面でも地盤が薄いんだから仕方がない。
スポンサーやサポートが少ないという問題も大きいんだろうけど、そんな事を憂う前に本当にプロを目指したいなら日本なんか捨てて海外で頑張ればいいのに、なんて他人事で思ってしまう。
年収何千万とかを稼ぐプロの世界って、そんな割り切りやリスクを背負う世界じゃないのかな。 番組を見て思ったそんな感想。

ついでに、ビデオゲームを五輪種目に 米企業が主張 (CNN.co.jp) なんて記事をクリップしてたのを思い出したけど、ゲームを競技として扱ってる大会の種目を見てみると市販のゲームで毎回変化してるよね。 例えると、今回は硬式野球でも次回はソフトボールに変わって、さらに次はフットベースボールに… 的な変化があるわけだ。 五輪の競技も細かにルール変更してるけど、これじゃルール変更という枠を超えてしまうような。
あと、e-sports といえば Counter-Strike がメジャー種目っぽいけど、平和の祭典と称される五輪で、テロと特殊部隊が争い、銃撃戦で頭をぶち抜いて地面は血の海だなんて競技が認められるわけが…、いや、逆に見てみたい気もする。

北朝鮮軍、有事には本県を標的に (Web東奥)
北の特殊部隊って、素手で釘を打ったり頭で角材を折ったりするカッコイイ部隊だっけ。 堂々と輸送機で三沢基地上空に来てパラ降下作戦ってのは残念ながら企画倒れなんで、プランBとして、超人部隊だけに忍者みたく凧に乗って来るとかして欲しいです。

後味の悪い映画 (日刊良スレガイド)
『マルキ』 とか。 バイトしてたビデオ屋でホラーのカテゴリに置いてあったけど全然ホラーじゃないし。 見る人のレベルを凄まじく問われる作品で、映画その物が後味悪いんじゃなく、見終わった後に同じくらいの時間考え込んでしまったという意味で後味悪かった。 でももう一度みてみたいし案外オススメかも。
あと 『ボクシング・ヘレナ』、語りたくないほど後味悪過ぎる映画。こちらは二度とみたくない。

[Wowow] 6/25 20:00 『炎のメモリアル』
観てみよう。

新刊のメモ
  カラシニコフ II
  飛び道具の人類史 - 火を投げるサルが宇宙を飛ぶまで
  パニックの手


*Trackback on "プロゲーマー、で思う"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2006/06/post_121.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"プロゲーマー、で思う"へのトラックバックはまだありません。