*2007年04月24日

乱射事件の報道を見て思う

バージニアの事件当日からチラシの裏気分でエディタに書き綴ってたのだけど、週末に放映してた米ABCの特別番組(BS)を観て胸が痛くなり消してしまった。 画面越しにも伝わってくる理不尽さと悲痛、とでもいうかな。 まあ編集の巧さもあるんだろうけど。
そんな先週だったけど、テレビでは相変わらず識者が 「アメリカは野蛮な国」「今すぐ全面禁止にすべき」 などなど聞こえの良い言葉を並べてるのを目にし、違和感を覚えてしまう。

アメリカへはハワイとグァムに数回行った程度だけど、銃規制の厳しい州とは言えやはり構えてしまうし、夜の街中にウロウロして身体か薬やらを売ってるであろう怪しいにーちゃんねーちゃんも妙に怖かったりもした。 おっかない犯罪には縁遠い日本人的にはそんな感覚であって、民間人が銃を持って良いはずがないと思うのは当然の話。

でもそんな簡単な問題か? 主義,思想,ビジネスの面から銃規制に反対の声もあるけど、現実的な観点から持つ権利を求める意見があったりするのも事実。 被害に遭ったのが普通の人だったのと同様に、規制に応じて販売の停止や没収に応じるのも普通の人。
銃器販売を全面禁止し何十年のスパンで見るとそりゃ数は減るし、銃器使用の犯罪が減る傾向に向かうとは思う。 でもそれまでに無抵抗な被害者が増える可能性とか、そうゆうのはどうなんだろうね。 悲しいかなあの国はそうゆう現状なんでしょ。
そもそも、歴史文化風習社会そのものが違う他国と、治安の良さではパラダイスのような日本を同列に扱って何が割り出せる?

「タバコはよくない!値上げだ、ちょー値上げ!」 と強行手段にでたみたく銃器に対して大幅に値上げするとか、建設的な話しなら耳を向けるのだけど、精神論だけの反対反対を見るのはうんざり。 Web上や読者投稿欄で個人が心情をあらわにするならまだしも、テレビや新聞でその程度の言葉しか口に出さない識者や議員には特にそう思う。 そんな人に限って生涯学習だのを口にするんで、なんだかなあ、と思う。

Twitter うんぬん
トップページと個別アーカイブのサイドバーに Twitter Status を貼り付けてみる。 公式に用意されてる Flash や物々しいのはヤなんで JavaScript の Badges を削ってシンプルにしてみた。 日増しにトップページがじゃばじゃば状態になってる気がするけど。
自サイトでエントリ化するまでもない一行日記や呟きを駄弁る程度だけど、そうゆうのには良いね。

ビクトリノックス特集
アフィリエイトだけど、『スイスアーミーナイフ』 で知られる老舗ビクトリノックスの特集ページ。 千円以下のポケットナイフからマルチプライヤーまで色々アリ。
NATURUM: VICTORINOX
マルチプライヤーといえば、私はデザインに魅かれて  Gerber 1471 を買ってしまった。

 Amazon > 時計 > Luminox
アマゾンに時計ストアなんて出来てたんでルミノックスで絞ってみたけど、まだそれほど充実してない模様。限定物もあれば文句ないのだけど。

*2007年04月その他のエントリー

  1. 2007年04月15日

    1. 括弧、で思う

  2. 2007年04月09日

    1. 卯月雑記