*2007年07月24日

文月雑記

PCを立ち上げてる時って大抵ワード/エクセルを起動しているのだけど、そんな時にエディタを開き気分転換に書き散らし(ブログの下書き)をしてる事が多い。 ニュースを観ていて 「いや、違うだろ」 と反論を書き綴ってたり、気分転換に見ていたウェブ上の記事についてダラダラ書き綴ったりしてるのだけど、大半はアップする事がない。めんどくさい。
その下書きじみたモノが膨大になり、タイムリーじゃないものは消したりを繰り返す日々なのだけど、いいかげんに更新しとかないと有料鯖を借りてブログなんかを設置してる意味がない、ということで寄せ集めて更新してみる。

 Thinking Out Loud - BONNIE PINK邦楽を聴くことは少ないのだけど、BONNIE PINK のニューアルバム  Thinking Out Loud が出るということで少し語ってみる。
この人を知ったのは、十年程前にスペースシャワーTV(以後スペシャ)でボニーと萩原健太が司会をしていた番組。 その頃は髪が真っ赤で 「どこのパンク女だ」 とか思うも、見た目と裏腹に性格は地味で素朴なねーちゃんという印象。 洋楽が好きなのか新旧問わず色々と知ってる様子で、番組自体も面白かったんでよく見ていた。
最初はアーティストとしてのボニー・ピンクには興味がなかったのだけど、ある日その番組内での弾き語りに聞き惚れてしまい、以後ファンになってしまう。

当時のスペシャはメジャーへの登竜門みたいな雰囲気で、番組をやってた人達、YOU、鈴木杏樹、千秋、ユースケサンタマリア、リサ・ステッグマイヤーもかな?その他続々と地上波で見掛けるようになり、当時は 「また引き抜かれた…」 とか思いながらよく見てたっけ。
そのうちラップだかヒップホップだかが主流になり、スペシャ自体もそっち色が強くなりウンザリして見る機会も減っていく。 あとスポンサーにエイベックス等の大手が入るようになり、選曲もろもろ全体的にメジャー志向みたいな空気になっていったから、というのもあったかな。 進行も何もかもが適当なブッ壊れた雰囲気が好きでスペシャを見てたのに、だんだんと地上波の音楽番組と大差ない感じになってしまったから。

スペシャでやってた人達は続々とタレントとして地上波で見掛けるようになったけど、ボニーはそれ以後テレビで見掛けることはなくなってしまう。 それどころかアーティストとしても成功してるとは言い難い状況。 作曲も歌唱力も本物な人なのに…とか思いつつも、これが世の中なのかなあ、とアルバムは買い続けていた私。

そしてかなり経った近頃、一本の CM を切っ掛けに急に脚光を浴びるようになってしまう。テレビどころかラジオや街を歩いていてもボニーの歌が聞こえる状態。 昔から知ってるとか、インディーズバンドがメジャー化してつまらんとか、「あたしだけの○○が!」とか、そんなケツの穴の小さい事を思いもせず素直に嬉しい。
先日何かの番組で、海外の音楽関係者に 「何のジャンルですか」 と聞かれ 「JPOP です」 と答えてる場面があったのが妙に印象に残ってる。 まあやってる音楽は確かに JPOP なのだけど、本人は根っからの洋楽通で、そんな人が気軽に 「JPOP やってます」 と受け答えしてる姿が清々しいというか、相変わらずな素朴なねーちゃんというか。
前作のはベストだったけど、今回のはオリジナルアルバムということで期待。

台風騒動だった先日の出来事。 さいきん部屋を整理してたら見付かった 『真・女神転生3』 をまた最初から始めてるのだけど、街でウロウロしながら悪魔をスカウトし、邪教の館で合体を繰り返してたら間違ってターミナル(セーブポイント)に入ってしまった。 「ま、ついでだし」 とセーブが終わった数秒後に停電が起きた。ちょっと怖かった暴風雨の夜。
不思議なこともあるんだなあ、なんて思いながらその翌日に見かけたページ テレビゲームの怪現象の思い出 (ニュー速クオリティ) を見て色々思い出す。

先代の PS2 はヤフオクで買った物。 その時の出品者のコメントは 「FF10 をやるだけの為に買いました。FF10 をやっただけでほぼ新品状態です」 みたいな感じだったけど、しばらく経ってメモリカード内を整理してたら、やった事のないゲームのデータが山盛り(主にギャルゲ系)だった。 怖いと同時に、怒りと微笑ましさが混じった複雑な気分になった。

昔、スーファミのデザエモンだっけな、シューティングゲーム・ツクールみたいなのを中古屋で買った。 セーブデータが残ってたんでやってみると、自機がちんこで内容全てがお下劣炸裂な内容だった。 でもゲーム自体は素晴らしい出来映えで思わず感動してしまう。 ただまだ未完成な状態で、消してしまうのは勿体無く感じ、私がその作業を引き継いだ。
作っていると、所々に "マリコ" という文字が散りばめられてるのが気になる。 内容が内容だけに、"ン" が "リ" に見えるだけか? と思ったけどそうではなく、"マリコ" らしい。
きっと悲しい男が想いの女性に向けて作った作品だったのだろう、願い叶わず挫折したある男のアートなのだな…、と一人妄想を広げつつ、なんとか満足できる内容に完成させた。
そして作り終えると飽きてしまってそのまま中古屋に売った。 悲しい男とマリコさん、私頑張りました。

大昔、父と兄がファミコン雑誌に載ってたとかいうギャラクシアンの裏技を試してた。 なにやらリセットを繰り返していると音楽が流れるらしい。 何度かリセットを繰り返していると、グチャグチャのバグ画面から風の谷のナウシカの 「らん、ららららららん、らんら~ららら~ん」 ってやつが流れてきた。めちゃくちゃ怖くて泣いた幼い頃の記憶。

周りの人と "今回の参院選の争点について" みたいな事をよく話してるのだけど、親くらいの年代の人はみんな年金問題で、若い人は与党不信みたいな感じ。
年金問題は言うまでもなくえらいこっちゃなんだけど、別に現政権のせいでもないし、自民も民主もどっちもどっちというか、もう進行形で努力していくしかないだろうさ。 両党の年金対策を見比べてにらめっこしてたけど、自民がやっても民主がやっても一緒だろ、つかこれ有事だよ、有事っても戦争ばかりが有事じゃないぞ、責任だの政権云々じゃねえだろうさ、超党派で解決すべき問題だろうに。
で、社民・共産は憲法改正に絞ってるみたいだけど、まあそれは同意できる。 スタンスはいうまでもなく正反対だけど。

先日、民主小沢がこっちに来てるとかで演説を聞きにいったけど、「自民は駄目だ、政権交代!」 的な内容ばかりで時間の無駄だった。 大衆は "民主党は何をしたいのか、何をどうできるのか" を聞きたいんじゃないのか。 私的には、あんたらキングギドラはクソだけど、民主党自体は捨てたもんじゃない、と少しは思ってはいる(いたい)けどやっぱヤになるよ、連中を見てると。

2人以上協力プレイができて燃えるゲーム まとめ
最近密かに 2P のゲームを探してたりするんで助かるページ。 どちらもゲーム好きなんで、協力でも対戦でもリアルで一緒に遊べるのはやっぱ楽しいし。 Baldur's Gate DARK ALLIANCE II が面白いと聞いてるけど、んなもん何処にも売ってないし、ネットで中古を探しても六千円超えとかだったりするし…。
いかにもダメゲーっぽい  SIMPLE2000シリーズ THE サバイバルゲーム2 なんかに期待してるのもそんな理由。

新スイスアーミーナイフは外国製に? (swissinfo)
銃器類のネジには今でもマイナスが多いし、プラスを使う場面では携帯ナイフじゃ手に負えない(壊れる)と思うのだけど。あとノコなんて小型ナイフに付けても使い難いだけだし。そゆのは汎用ナイフと化したバヨネット(銃剣)の仕事かと。 でも、改良するならロック機構を付けたほうが…とは思う。何度か怖い目にあったし。
新モデルを公募すればおそらくビクトリノックス製以上の物がゾロゾロ出てくるだろうけども、伝統で使ってるようなものだし、ちょっと可哀想な気もする。 …という事でビクトリノックス・ナイフのアフィリエイト =)
アウトドア&フィッシング ナチュラム


*Trackback on "文月雑記"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2007/07/post_149.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"文月雑記"へのトラックバックはまだありません。