*2007年09月25日

長月雑記

ここ一ヶ月間の政界のゴタゴタが面白い。ここまで混沌化してると、もう開き直って笑えてくる。
よく行くお好み焼き屋にポーランド人留学生がバイトしていてゲームネタでよく話す間柄なのだけど、以前その彼に 「ポーランドの政局って日本から見てるとまるでわからんのだけど、どんな状態なん?」 と尋ねたことがある。 「知らない。どうでもいい。汚職ばっかり」 と素っ気無く返されたけど、逆に今の状態で 「日本の政局ってどんな状態?」 と聞かれたら、恥ずかしくて私も似たような感じで返しそう。
不安とか不満とか海外からみりゃ情けない状態なんだろうなとか、ふと憂いたりもするけど、感情的になっても仕方ないんで三人称で眺めてる方が気楽。

それはいいのだけど、政治家もメディアも 「国民の皆さんは~」 とか 「民意」 だのを口癖のように言ってるのが癇に障る。 持論をあたかも多数の代弁者の如く言い回してるというか。 近いものでは 「女性は~」 を口にする女性議員や評論家も。あんたなんかに代弁してほしくねーよ、総意みたく言うなぼけ。
少し前にバラエティ番組で "バンソーコーの赤城大臣は何省の大臣か" とか "安倍総理の爺さんは誰か" みたいなアンケートをやってたのだけど、正解率が低くて驚いっけ。 答えてたのはギャル風な女子ばかりってわけでなく、結構な歳でネクタイ締めた人や大学生風な若い人もいたのだけど、国民の皆さんなんてそんな程度だよ。 別に専門的でもない新聞やニュースを見てりゃ普通に知ってる程度の事なのにさ。

与党もよくわからん調査の支持率なんて数字に怖気付いたり、批判側の野党も口を開けば民意民意と国民の代弁者ぶった政略なんぞしないで、政治家同士が自分の看板背負ってガンガンやれよって感じだけども。

ネット上でも 「我々は~」 と主観なのに三人称な言葉で発言してるのを目にする事があるけど、そうゆうのも引いてしまう。 今どき宇宙人ですら 「ワレワレハ~」 なんて言わんでしょうに。 あと、

「~である」 「~しなさい」 「あのですね、~」
  断言調で上から目線、偉そうな人。
「~そう思いませんか?」
  変に同意を求めようとする人。

などなど。

あまりのダメゲーっぷりに途中で投げ出した THE サバイバルゲーム2 を彼がやってたのだけど、それを眺めててふと思った。
画面じゃなくコントローラーの手の動きを見ていたのだけど、まるで素人みたいというか、小さい子供がぎこちなく操作してるような手の動き。
表現がムズイのだけど、タタタタッタッ…と複数のボタンやレバーを同時に操作しているのでなく、タンタンタン…とひとつの操作を終えてから別の操作をしているような感じ。 タイピングで例えると、人差し指だけでキーボードを打ってるみたいというかな。
腐っても FPS だから一応操作の激しい部類のゲームだし、ゲーマーと呼んでもいいレベルの人なのに。

「なんかヘボい。すげー素人くさい手の動き」 と横からぼやいてみると、「じゃお前やってみろよ、携帯(動画)で撮っててやるから」 …ということでやってみた。
意識せずプレイしてみたのだけど私もそんな手の動きだった。
ゲームが悪いんだ! これは FPS の振りしたクソゲーだから激しい操作はいらんのだ! と、グランツーリスモ4 や激しそうなシューティング系のゲームでいくつか撮ってみたけど、やはりそんな手の動き。
プレイ内容自体は悪くないのに操作する手だけを見てると、とてもマッタリした手の動き。まるで RPG でもやってるみたいな。

しばらく考えてみたけど、コンシューマの弾幕系STG やレースゲーって、思ってるほど忙しい操作じゃないんよね。動体視力もそれほど必要ないし、それが反射的な操作に結びつかなくてもいい。
格ゲーの場合は脳の信号が如何に速く手に伝わるか的な次元が要求されたりするけど。 あとガンシューティング系もか。

いかん、話がまとまらん。 ただ、ネット上で議論が絶えない 「日本人は FPS が云々~」 とか 「日本から世界レベルのゲーマーが出てこない」 というのは、こうゆうのも関係してるんじゃないのかなと頭によぎった。 日本のゲームってクオリティは高いのだけど、そういった分野で高い難易度のゲームが定着してないから。

 グラディウスV コナミ ザ ベスト
操作が激しいかどうかはわからんけど、むずいゲームがやってみたくなったんで買ってみようかと思った。

世界をリードするメルケル「環境外交」 (毎日新聞 - Cache)
エコブームでメルケル首相を何かと持ち上げる風潮なのに、ドライというか冷静な視点で面白い記事。


*Trackback on "長月雑記"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2007/09/post_88.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"長月雑記"へのトラックバックはまだありません。