*2008年01月09日

おーぷんこんぐらちゅれぃしょん!

何処の誰ともわからん人にネットで挨拶なんぞしたところで…、と思うも、礼儀を重んずる国の人間として挨拶を蔑ろにするのはイカンので、遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
少し遅いけど書き初めでもしてみる。

書き初め

意味はない。単に頭に浮かんだだけ。

日産GT-Rは客寄せパンダ 「試乗は困る」という販売店も (J-CAST)
GT-R を置いてる販売店に勤めてる友達がいるんで私も行ってみた。 ちなみにそこで CUBE を買ってるんで 「新しい CUBE に変えようかなぁ?」 てな建前。
服屋のねーちゃんでもそこまでくっついて来ないだろ… てな感じで CUBE の事をあれこれ言ってくるも、「へー、ほー、ふーん」 と聞き流す。 自分の乗ってる車種の事くらい知ってるし、次買い換えるならマーチにしようと思ってるし。 一応は日産びいきで、今後も国産車は日産以外買う気はないけど。

で、GT-R が目に付いたんで 「わー、すごいねー」 と話しをそっちに切り替える。 「ねーねー、試乗していいの?」 と聞くと顔つきが変わる友人。「ちょっとこれ特別な車だから……」 と回りくどく断られた。 営業マンのキャリアで "こいつは買いそう" と判断した人にしか駄目らしい。 しかも試乗の際は誓約書にサインが必要という厳重ぶり。
「じゃあ、座るだけでも…」 と悲しげに言うと許可された。 って、メーターが 340km/h まであるし…。 あとボタンやら色々あって、試乗を許されても操作がわからなそうなコクピット…。
ちょっとだけという条件でエンジン掛けてみる。 おもっきりふかしてみたかったけど馬鹿と思われそうなんで、2度ほど軽くふかしてやめといた。

これスーパーカーだよ。 R34 とか Z33 とか RX-8 とかそれなりのスポーツタイプには乗ったことあるけど、日本の公道でこんなの乗れるのか?
ちなみに現在 GT-R はパーツカタログが無いっぽい。 完全体だからオプションパーツなど必要無い! てな感じか? あとタイヤ1本 20万円とのこと、4本変えると軽自動車が買える値段。

「おまえ、ひやかしだろ?」 と指摘される。だって乗ってみたいじゃん!でも買い換える時はここに来るからと口約束。
記事に書かれてるように、試乗(だけ)目当ての人が後を立たないらしく、「デュアルクラッチって何ですか?」 なんて聞いといて自分から全部説明を始める痛いオタクとか、エアロコテコテ・ステッカーベタベタな走り屋仕様の車で現れる人とか、とにかく GT-R に群がってくる人は普通じゃない人が多いらしい。
販売店もメーカーからサンプルで貰ってるわけでなく自費で買って置いてる物だし、いかにも走り屋っぽい乱暴に扱う人が多いから対処に困るとか。

「へぇ、大変だねぇ」 なんて相槌をうっていると、「おまえもだよ!買わない買えないひやかしにウンザリしてんだよ!日産もこんなモン作りやがって!マーチくらいなら構わんが GT-R は困る!貧乏人はグランツーリスモでもやってろ!」 とキレられる。
ひどいよ…、なんて奴だ。 思わず格差問題とカルロス・ゴーンの駄目さについて小一時間語って、「もうトヨタに乗り換える!」 と逆キレしてやろうかと思ったけど、まあ相手も中流と下流の間をさまよう しがない営業マンなんで許してやる。
でもやっぱスポーツカーはいいね、自分のモノとして欲しい。公道で走る気は起きないけど。


*Trackback on "おーぷんこんぐらちゅれぃしょん!"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2008/01/newyear05.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"おーぷんこんぐらちゅれぃしょん!"へのトラックバックはまだありません。