*2008年05月08日

老害ゲーマー

ちょっと面白かった記事、あなたがもはやハードコアゲーマーではない11のサイン (Game*Spark) から。

■対人戦よりもコンピューターとの対戦を好む

言いたい放題の口汚いメリケンのクソガキも、ゲーム内のことを外に持ち出す日本人にもうんざりする時が多くなった、ってのはあるかな。 罵倒には罵倒のロールプレイや、ゲームのコミュニティで熱く討論したりとか、そうゆう世界からは遠ざかってしまった。

■ガールフレンドが外出しているときしかゲームをしない

テレビは二台あるし、今でもよく一緒にゲームはしてるからこれは該当しないか。

■勝つことが全てでは無い

勝ちには相変わらず執着してるけど、昔と違うのは "手段を選ばず" な人間になってしまったこと。 「1v1(タイマン)しろ!」 とか挑発されても 「ばーか勝てばいいんだよ」 とシカトする人間になってしまった。 「スポーツマンシップ?プライド? なにそれ、食べたら美味しいの?売ったらお金になるの?」 てな感じ。

■数日の間ゲーム機を起動しなかったことがある

数日どころか数ヶ月。

■中古ゲームショップの客の中で一番年をとっている

自分より背の低い小中学生に混じってパッケ裏を見てたりするのは結構きつい。 あと PS/SS/SFC の中古コーナーをよくチェックするのだけど、昭和を懐かしむ韓流オバサンみたいで悲しくなったりする。

■Xbox 360とPS3が同じくらい好き

ソフトメーカーならわかるけど、ハードびいきで言い争ってるのはちょっと引いてしまう。

■ゲームの「黄金時代」を懐かしく思い出すことがある

「当時は選択肢が少なかっただけ」 「今のゲームの方が当然優れてる」 ってのは自分で気付いてる。
肉やら洋食が普通に食えるようになった今の日本人みたいなもんだよ。満ち足りて飽きてるもんだから和食はヘルシーとか言って、変化や刺激を求めたり優越感に浸りたいんだよ。 メタボだ糖尿病だか社会問題になってるけど、それほど気にする程でもないんじゃね?って感じ、ちとデータが古いけど。 つか全然関係ないワケわからん喩えになってるな。でも肺炎と胃癌がダントツに多いのは何でだろう?

■なんとなく大変そうなのでWiiをプレイしない

完全同意。

■FPSといえば「走る」「死ぬ」「リスポーン」である

『死んでなんぼ(目的に殉ずる)』 なスタイルだったのに、近頃は 『死にたくない、いかに死なないようにできるか』 みたいな考えに変わってきた。逆だ。

■ビデオゲームのアイデアはボードゲームに基づいていることを発見した

なんのこっちゃ。意味不明。

■GTA IVは予約したが、発売日に手に入るかどうかは気にしていない

GTA は日本でいう FF/DQ みたいな地位と解釈して Yes。中古でいいやって感じ。

時間と情熱は当時の半分も無いけど、やっぱ好きだもんなあ。否定しがたい。したくない。
でも、「昔は~」 とか 「大人げないね」 やら言うようになったらもうゲーマーじゃないね。馬鹿に混じって馬鹿になるのがゲーマーだし。 童心に、というか悪ガキになりきれなくなったらゲーマーじゃないと思う。

上を書いてて思ったけど、SNS とか Twitter とかミニブログ等のコミュニティもそうなのかな。
イイ歳した OL や主婦やオッサンやらが絵文字顔文字使って幼児性丸出しではしゃいでたり、どうでもいいような事で言い争ってたりするのを見掛けるけど、それらもロールプレイみたいなもんで、「イイ歳して…」 なんて言うのはタブーで、みんな暗黙の了解でやってるゴッコ遊びの延長みたいなものなのかな。
そうゆうのにドライな私みたいなタイプは、空気読めない老害みたいな存在なのかな、とふと思った。

言葉の交流を禁じることで、日本のオンラインゲームは浮上する (NBonline)
色々考えさせられた記事。NBonline って登録が必要と面倒だけど、タダだし、偶に良い読み記事があるんで登録しといて損は無いと思う。


*Trackback on "老害ゲーマー"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2008/05/post_167.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"老害ゲーマー"へのトラックバックはまだありません。