*2008年06月24日

水無月雑記

日曜の夜 WOWOW で  ザ・シューター/極大射程 リーピング を観た。 『ザ・シューター』 は普通に楽しめる映画だったけど特に感想もなく ★★★★☆
でもって 『リーピング』 の方が面白くなかったけど、ホラー好き故か変に印象に残ったんで感想でも駄弁ってみる。

THE REAPINGパッケデザインがいい味出してるね。 内容は "閉鎖的な田舎街" "信仰深い人々" "悪魔信仰" "過去に信仰を捨てた主人公" 、そんなキーワードだけで大体どんな映画か想像つくと思う。
起きる怪現象のチープさに加え、幻覚や夢と現実の区別の付かない状態でフラッシュバックの連続… という手法は夢落ちみたいで好きじゃないからストーリー自体は好感持てなかった。
でも意味もなく PC に移る不気味な少女の顔とか、所々で印象に残る恐怖演出を組み込んだ映像表現は巧みで面白い。 テンポがいいのか悪いのかわからん映画だけど、それら映像表現のお陰で退屈しない作品になってると思う。

クライマックスのド派手さはともかく、全体的にハリウッドっぽくないスペイン産ホラーみたいな作品。 オーメンをオマージュしたような話だけど、これで続編がでるならそのままオーメンのパクリになってしまうから止めたいいと思った。★★★☆☆

ていうか、序盤に出てきた牧師さんは何故殺される羽目になったんだろう。勘違いしたから? もう一回見たらわかるかもだけど、観る気が起きないからいいや。

「ダガーナイフ」の製造、販売及び輸入の自粛等について [関係業界への要請] (経済産業省) をみて思う。
なるべくしてなったって感じか。 一部では包丁理論とやらで 「人を殺すのは人間だ」 てな意見もあるけど、ナイフ好きな人は実用性皆無のナイフってことがわかってるから 「しゃーないな…」 って心境だろうけども。

ナイフが社会問題になった有名な事件といえば、中村橋派出所警察官殺害事件 という出来事があったりする。
『サバイバルナイフ』 と書かれてるけど、この事件で使われたのもダガーで、割と有名な GERBER Mark II と呼ばれる物。 父曰く当時はちょっとした社会現象になったらしく、事件直後は今回同様に自主規制で禁止ムードになったそうな。
その後、時の流れで忘れられ解禁状態になったけど、実はそのナイフ持ってたりする。

GERBER

いわゆるオールドガーバーと呼ばれる割とレアな物。 まったく用途の無い部類のナイフだけど、ホビーというか観賞用としてこうゆう物が持てなくなるのも寂しいな。
(銃刀法改正の為、2009-6月に処分。他にも AL-MAR や Randall とかも…)

ここしばらく遊んでたオンラインゲーム、INFANTRY : Heinrich's Point 私感、…というか愚痴。 プレイしてない人にはわけわからん話かもだけど。

B1 vs. C2
B1-C2 戦がやけに多くなった。
SK プレイヤーみたく単に激戦状態にしたいだけの輩に振り回されてるのか、ただでさえ長引く HP の勝負が無駄に長くなってしまった感じ。
B1-C2 戦は基本的に好きだったし、最初は B1 の穴が埋まって喜んでたけど、イベント的に起きるのが面白いのであって故意にそればかりやると飽きるし疲れる。 広いマップをあの建物内だけに絞り込むなんて勿体無い上に戦術性も何もない状態。
今思えば B1 は修正される前の欠陥 Base だった方がよかったのかも知れない。

MILK
Med/Engy をやってる時に MILK をやられるとキレ落ちするようになってしまった。(Lag で落とされる、または長すぎるから中断するのは別として)
「NME! NME!」 ばっかで Defっ気のないチーム、もしくは攻撃に転じない引き篭もりチームでも我慢してしてるけど、サポートをしてる時に MILK をやられると流石に腹が立つ。 Pub の人数が揃ってない人待ち状態なら別としても、MILK なんてアサルトでドンパチやってる連中以外は何も楽しくない。
「MILK はやめようよ…」 ってのを聞き入れてくれなかったら 「あっそ、じゃ敵チームに移るから」 と別チームに移るようにしてる。 Engy だったら設置した Turret を全部壊し、Titox も全部その場に置いて。
Team-Hop は嫌いだから不本意だけどそれくらい腹が立つ。 そうゆうプレイがしたいなら EOL に行って存分に楽しめばいいのに。

馬鹿みたいに繰り返される Storm
復帰したての頃は 「Tick me, Tick me」 のマクロが氾濫してて戸惑ってたけど、いつからかこんな風潮になってた。
防御が低い上に Stand on Fire 装備の多い Hvy 中心の HP で Storm をやっても効果的じゃないだろうに。 制圧戦を基本に、奇襲として使うなら面白いし効果も出るだろうけど、そればっかだもの。
指示する Infil/JT も敵 Base の Turret パターン等で判断すりゃいいものの、何も考えてないし。
そんな流れで Attach and Dead が三度も繰り返すと、チーム内の士気がガタ落ちしてるのが目に見える状態になり、熱くなってるのは 「Tick Tick」 とオウムみたく叫んでる JT/Infil だけというシュールな状態になってるケースも多い。 むしろ Safe Point からの Rush In の方がアサルトのテンションが上がって士気を保てるんだけどね。
HP では Flagger として役に立たない Infil 唯一の自己主張って感じだから 「Tick! Tick!」 連呼なプレイヤーはもう無視してる。
比較的 Inf の多い TP や、PL みたく特化した装備に整えてるならともかく、HP の Storm にはうんざり。

あと、愚痴ってほどじゃないけど、Engy をしてると親切に Titox を掘ってきてくれるのだけど、自分で掘った方が能率がいいから掘ってくれなくてもいいのに。 他の Engy を見てると 「Need Tox!!」 を言ってるのが多いけど、そんな自分で掘ろうとしない甘えた Engy も多くなるし。
Medic と違って Home-Anchor をしても役に立たないし、それなら掘りついでに敵陣の裏に Sentry を立てたり NME-Anchor をしたりで、Engy は Home に釘付けにするよりスタンドアローンで動かしてくれたほうが役に立つと思う。

全盛期より人が少ないんで質が低下するのは仕方ないけどね。 偶に個性的で凄まじく CTF が上手い Med/SL 等がいて勉強になったりするけど。

マテバ M-M2007 (マルシン工業株式会社)
製作してるのは知ってたけど 8/5 発売予定らしい。 トイガン発のオートリボルバーってことで興味津々。ちゃんとカート式だし。(タナカのガスリボルバーは好きになれない)
でも、なんでマルシンは 8mm に拘るんだろう?これさえ無ければいいメーカーなのに。

*2008年06月その他のエントリー

  1. 2008年06月10日

    1. いわゆるサバイバルナイフ