*2009年09月01日

死屍累々

歴史的な変革、…らしいので選挙の感想でも。
リベラルな風潮の強いはずなウチの県は何故か自民の完勝だった。そんでもって翌朝の地方紙には 「民主党の風が吹いてるのに孤立するのではないか?」 みたいな事が書かれてたんで声出して笑ってしまった。
何故自民票が強かったのかは謎だけど、うちの県の民主候補者は 「こいつ誰?女だったら何でもウケるとか思ってる?甲高いだけで何を言いたいのかわかんない」 てな人ばっかだったし、党派性じゃなく単純に人間で判断されたんだろうね。

色々言われてるけど、これだけ短期間に総理が代わり、しかも党内でもその度に 「私は悪くない!総理辞任しろ!」 と党内批判ばっかやってる連中が増え、それが慢性的になってる今の自民が仮に勝っててもグダグダだっただろうな、とも思う。 何も学ばない保身根性みえみえの連中、特にチルドレンのマイナー能無し連中にはウンザリだったし。 反省しろ、そうでなきゃ消えろ。
社民・共産みたく左向け左なクローン人間ばっかの政党も気味悪いし、議論が深まるという意味では党内で意見が割れるのは良い傾向と思う。でもここまで荒れてまとまりなんて欠片もない状態になっては大衆も白い目するだろうさ。
そういった意味では、スキャンダルを起こした人間や反対派を力で捻じ伏せて黙らせてきた民主党のやり方はある意味正解だったのかもね。 さすが裏ボス "ミスター選挙" だよ、まさに能率の権化。 あのツラみてると顔に殺虫剤噴きかけてトゲ付きのモーニングスターでボコボコにしたくなるほど不快になるけど、でも凄い人間だよ。あそこまで行き着くと逆にかっこよくもある。

前回の衆院選で野党の議員が 「暗黒時代の始まり」 「国民が馬鹿」 やら呪いの言葉を口走ってたり、また中央・東南アジアの国みたく選挙結果が気に入らないとテロや暴動を起こして死傷者を出したりとか、そんな民主主義国家の人間として見苦しい真似はナシにしましょうや。憎悪や悲観じゃなく、結果を認め、とりあえずは流れを眺めていよう。
カオス大好きな私は、今回の結果にもワクワクゾクゾクしてしまう面があったりもする。

God Bless You, Mr. Aso, or Father in secret (極東ブログ)
テレビみてて似たようなこと思った。なんつか徳川慶喜みたい。


*Trackback on "死屍累々"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2009/09/post_186.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"死屍累々"へのトラックバックはまだありません。