*2010年03月23日

弥生雑記

連休なのに家に篭ってるのも不健康だな…、街にも出るかと、特に理由もなくおでかけ。
そして街中を歩いてたらハイチの募金をやってた。 赤十字関係だしいいかと近寄り、財布を開くと十円玉と一円玉しかなかった…、五百円玉があったはずなのに。 「やべ、どうしよ」 なんて思いつつ、恥ずかしい&後に引けない空気になって仕方ないから千円札を入れる。 「……。」 な気分だけどここで腐れるのも負け犬っぽいし 「うむ、さすがだね私!しみったれた愚民共とは違うね!」 と言い聞かせる。
すると募金のおねえさんに名前を書いてと言われた。 署名じゃないのに何で募金で名前書かなきゃダメだの?と返すと、横から 「いいじゃん、書いとけよ」 と彼。 「やだ」 と内輪でゴタゴタし、結局彼も募金し彼が書くことで収まった。

小さい頃、健気に一円~十円の小銭を瓶に溜めて 24時間テレビに持っていった時にも名前と金額を書いてと求められた。 書いたことを父に話すと 「書かなくてもよかったの」 と言われ、納得できないから母にも聞くと同じように返された。 当時は 「どうして?いいことしたのに…」 とワケがわからなかった。

今になるとわかるような気もする。親がうまく説明できなかった理由も。
その名前が何処に使われるかわからんから嫌って理由もあるけど、別に何かを求めて募金したわけでもないし。 24時間テレビの場合は集計金額とかもあるから仕方ない面もあるんだろうけどね。

そういや数年前、ABC のニュースでハリケーンカトリーナ被害に日本からの寄付金が莫大な額になってるとかやってた。 それらの大半は匿名だったけど、その中で数億円の寄付した一人が判明し取材を試みたけど断られ、レポーターも 「何の得にもならないのにどうして?」 みたいな内容だった。
慈善活動してることをステータスにしたり、広報に使ってるあちらとは少し考え方が違うんだわね。
日本は欧米と違い慈善活動やボランティアが遅れてるとかよく言われるけど、日本人はそうゆう性格だから表面化しにくいだけで、言われるほど悪くも無いんじゃないの?とか思ったりする。

ちょっと面白かった記事、日本人がFPSを嫌うのは、西欧ゲーマーのオンラインでの行儀の悪さのせい?! (とりいそぎ。) を見て思う。
偉いよね、わざわざ日本人に読めるようにローマ字で罵倒メール送るなんて。 中1から洋ゲー始めてもう十年以上経つけど、未だにローマ字チャットが苦手だからこんなの来たら読まずにポイしちゃうよ。友達同士ですら長文だったら面倒で読まずに無視するくらいなのに。 まだ英文の方がマシ。

こうゆう光景って FPS に限らず、RPG や RTS でも当たり前に目にするけどね。 nigger とか口走ってるバカも普通にいるし。 昔はそんな空気が楽しかったし、むしろ 「罵倒が飛び交ってこそネトゲ! 罵倒スラング覚えるぜ!」 みたいな時期もあったけど、流石にもうあほらしくなったわ。
こっち的には "米人は日本人を見下してる" なんて覚悟してるから、個人的な事はともかく人種的な中傷にはそれほどダメージ受けないのよね。 だって、映画なんかでステレオタイプで奇妙な日本人像を見て育ったから。
…なんてことを以前チャットで皮肉半分に話してたら米人側が落ち込んでたっけ。 メリケンってレイシスト扱いされるのを特に嫌がる傾向にあるのがおもしろい、移民の国だから色々と複雑な感情があるんだろうな。

でも、日本人とわかってるプレイヤーが調子に乗ってバカやってるのを目にするのは残念な気持ちになったりする。 大抵バカやってるのは米英のガキだったりするけど、英語圏外のプレイヤーは結構イイ歳だったりするし。 英語使って洋ゲーやってる日本人なんて特にそうだろうしさ。

そんな暴言うんぬんには慣れてるからいいんだけど、西洋人の利己主義にはついていけんというか我慢ならんことはあるかな。まさに文化の違いだな…と実感したり。
あと直球すぎるんだよね、どんなことも。 媚びるスネオみたいな行為でも、日本人同士だったら回りくどくするもんだけど、あちらの連中はダイレクトに媚びたりするから見てて感心する。 いい意味ではコミュニケーション力が高いって解釈にもなるんだろうけど。

*2010年03月その他のエントリー

  1. 2010年03月20日

    1. Diablo2 LoD 1.12

  2. 2010年03月03日

    1. INFANTRY - Faydon