*2010年05月28日

皐月雑記

先日、ある中国人留学生と友達になったアル。 今までも中国人の顔見知りは何人かいたけど挨拶程度の関係、特にあれこれ話すような間柄でもなかった。
ビアガーデンに誘われ集まった中にその留学生がいたのだけど、ちょうど魚雷が北朝鮮製でどうたらのニュースがあった日だから 「戦争が起きたらどうする?」 的な話題で軽く盛り上がってた。 その延長で好きな戦車は?てな話になり、90式マンセーとか各々が近代のメジャーなモノを言ってたのだけど、その留学生は 「T34が好きです」 と中国訛りの日本語で言い出した。

特にミリオタな集まりでもないし、出てくる名前もマンガや映画で知った程度だろうし、この連中の知ってるその時代の戦車なんてせいぜいタイガーくらいなモノ。 ティーガーなんてドイツ語っぽく言おうものなら、昭和の DJ がカタカナだけ巻き舌使って自慢してるような、まあそんな集まり。
こんな中で T34 なんて単語が出るなんて意外だった。…とは言っても、せんそー起こしそうな将軍様は現役で使ってるからリアルといえばリアルな話か。つか中国も最近までは現役だったか。

ちょっと興味が沸いてその留学生と話してると、「56式は撃ったことあるけどそんなに反動は強くなかった」 とか色々面白い話が聞けた。
いいね、トカレフとマカロフの違いもわからん野郎なんぞ男じゃねえ、男なら AK47 と AKM と AK74 を一目で見分ける位じゃないとね! そこで AKB がどうたらなんて口走るのはブタだ、失せろ!
兵歴があるわけじゃないけど、どうもそっち方面が趣味らしい。

濃い話ばかりして浮くのもアレなんで、三国志ネタを振ってみると何故か反応が薄い。 三国志は詳しく無いっぽく、そもそも中国人だからってみんなが三国志に詳しいわけじゃないとか言い出す。
そうなのか。まあ私も源氏物語のネタなんて振られても困るし、そうかもしれないね。 高校の頃、手に取ってみたけどダルくて一巻で挫折しちゃったよ。しばらく経ってマンガ源氏物語で荒筋を知ったけど、余計に何処がおもろいのか理解できんかった。こんなのフジでやってる昼メロみたいなもんじゃないのさ、日本人だからってみんながみんなこんなの好んでるわけじゃねえ。

でもま、日本の場合は三国志もそうだけど歴史物はマンガやゲームで小さい頃から触れる機会が多いよね。英雄伝っぽく描くものだから興味を持って、広く深く知っていく流れでさ。 あたしゃ KOEI ってメーカーが昔から嫌いだけど、そうゆう意味では感謝すべきなのかもね。 中国なんて、お堅いお勉強レベルでしか歴史には触れないだろうし。

別に大した話じゃないのだけど、実は中国人より日本人の方が三国志に詳しいのかも?って事にちょっと衝撃を受けただけのお話。

海外に18年間住んでたけど質問あれば (社会生活VIP) をみて思い出す。
高校の頃、コンビニでバイトしてた時に同い年の帰国子女(男)が入ってきた。
最初は 「おー、すげー」 とチヤホヤされてたのだけど、ソックスの履き方がださい、アメリカではこうやるとか、ことあるごとにアメリカではどーたらと鼻高に言ってきて、ホントうざかった。
今思えばメリケンの方がだせーじゃんか、海外に行ったら白人がゾロゾロいても服装で 「あれメリケンかオージーだろ?」 と見分けてるよ。
で、案の定バイト仲間からは嫌われる羽目になったのだけど、所詮はバイトの間柄だしとみんなオトナな態度で表に出すことなく受け流してた。

そんなある日、外人のお客さんが来店、ミルクがどうたら英語で言ってきてパートのおばさんが困ってる様子。 そこで 「助けてあげて」 と帰国子女を向かわせた。 いつも口だけでロクに使えなかったけど、こうゆうのは得意でしょ? と思ったのだけど…。
でも、うまく行ってない様子。 仕方ないから、読み書き位は何とかなるかな…とペンと紙を持って尋ねてみると、牛乳の種類がわからんとかそんな話。 これは Thick とか、そんなレベルの対応でなんとか凌いだけど、それよりも散々アメリカ帰りを気取ってたのに英語が全くダメなことが発覚し、さらに影で馬鹿にされる状態になってしまった帰国子女くん。

当時はうざいだけの帰国子女くんだったけど、こうゆうのを読みながら今思うと、まったく違う文化圏に居たんだよね、そりゃ噛み合わないこともあるわね、コミュニケーションも日本とは違うだろうし。彼なりに溶け込もうと努力してたのかもね…。 今さら反省してしまった。


*Trackback on "皐月雑記"

このエントリーのトラックバックURL: 
スパム対策の為、このエントリーへのハイパーリンク 【 http://lipz.oops.jp/archives/2010/05/post_192.shtml 】 が無いトラックバックはエラーが発生します.

"皐月雑記"へのトラックバックはまだありません。